英語授業風景

2020年

子どもたちを取り巻く
英語の環境が大きく変わります。

それは文部科学省の学習指導要領の改訂で子どもたちの英語教育が大きく変更されるからです。小学校5・6年生の英語は、成績のつく「教科」となり算数や国語に並んだ重要科目となります。

中学校や高等学校での英語は「英語だけ」で授業を行うことが計画されており、またこれまで“難しい”から中学校では教えなかった文法(仮定法など)も学年を繰り下げて中学校で教えるようになります。

大学入試ではセンター試験がなくなり、これまで「聞く」「読む」「書く」だけであった学力検査が「話す」能力まで評価の対象となります。

国際舞台で“使える”英語を子どもたちに身につけてもらうため文部科学省は英語教育の方向を大きく転換したのです。

この状況を踏まえ、イングリッシュクエストでは、2020年を先取りしたカリキュラムをご用意いたしました。

イングリッシュクエストの小学生英語

もともとイングリッシュクエストでは、外国人の先生と楽しく英会話を使って“遊び”ながらも英検5級、4級(一部のお子さまは3級)に合格していくという学習スタイルをとっていました。これは英会話を学ぶだけでなく、中学校になってからも英語に困ることのないよう小学生の間に「読み書き」を身につけてもらうことが目的でした。

子供たちは「えいご遊び」を通して音声で話された英語を瞬時に理解する能力を身につけていきます。だから文字さえ読めれば(文字が音声になれば)、英検のようなテストでお子さまは解答できるわけです。イングリッシュクエストでお子さまが英語を学ぶやり方は、英語を母語とするお子さまが身につけるやり方と同じです。つまり耳から英語音声を聞いて英単語や文章を覚える方法、つまり言語中枢を使った学習となります。この方法は英語を学ぶ方法として最も自然でストレスのない方法です。

このようなイングリッシュクエストの授業の特色を生かしながら、これまで「話す」「聞く」の方にやや重きを置いていた授業内容を、本年度より「読む」「書く」の学習も充実させ、バランスのとれた内容にしようと思っています。さらに保護者のみなさまからのご要望の多い英検5級クラスを土曜日の午後を使って新たに新設いたします。

小学生クラスの詳細

中学生、高校生、浪人生のための英語専門塾
イングリッシュクエスト

英語は、学習に工夫が必要な教科です。英語につまずいたお子様と話をすると「自分が英語の勉強をさぼってしまい、暗記をしっかりしてこなかったからこうなってしまった」とよく言われます。「ちゃんと暗記さえすれば、何とかなる」と考えておられる保護者や学校、塾の先生が大勢おられます。しかし私は英語の学習とは最初は「暗記半分、思考半分」。後は「暗記1割、思考9割」と考えています。

英語のよくできる生徒について注目してみましょう。彼らはあの膨大な例文や英単語を全て暗記してきたのでしょうか? 違います。彼らはそんな風に暗記などしていません。もちろん暗記はゼロではありません。ある程度を暗記し、残りは自分の力で文章(例文)を作り出しているのです。単語もすでに暗記しているものを使って類推したり関連付けたりして新しい単語を身につけていきます。すると英語は、単純な暗記主体の学習から、興味深く取り組めるおもしろい教科になっていき英語が大好きになっていきます。落ちこぼれる心配もなくなり、むしろ英語が得意科目になっていきます。やがて他人の書いた長文の英文も興味深く取り組める(読める)ようになっていきます。

これが、イングリッシュクエストの指導法です。

小学生は「楽しく」、中・高・浪人生は「暗記1割、思考9割」で学ぶ

英語を思考する教科として教えます。実はこの方法、赤ちゃんが言語を覚えるやり方を使っているのです。赤ちゃんは、覚えた(暗記した)単語を、自分の意図に従って使おうとしますよね。自分の意図に沿って使おうとする、これこそ単純な暗記では無く「思考」が入った学習方法なのです。英語も同じ方法で習得していけば、見違えるほど良くできるようになります。第二言語としての英語、国際舞台で“使える”英語が身につく訳です。

イングリッシュクエストでは、英語学力をそのお子様にとって最高のレベルまで引き上げていくことを目標としています。

毎週土曜日はグループ授業を、日曜日は個別指導と補習を行なっています。
(月〜金のクラスはありません)

スケジュール・教場・授業料など