おもてなしEnglish☆おにぎりを作ろう!

英語でGerardと彼の友達に

日本文化を

お・も・て・な・し ♡

おにぎりの作り方を教えて、一緒に食べました!

ところで、「おにぎり」は英語で何というでしょうか?

“Rice ball”

と言います。(”ball”ついてるけど投げないでねw)

 

ゲストは二人ともアイリッシュ。アイルランドにはおにぎりを食べる習慣はありません。

子供たちは、英語で

Take some wrap (ラップを取って)

Put on salt (塩をつけて)

Put on rice (ご飯をのせて)

Put on filling (具をのせて)

Squeeze it  (ぎゅーっ、にぎにぎ♪)

Wrap up with seaweed (のりを巻いて)

と説明しながら作り方を伝授。

※  ところでput onの句動詞は非常に便利!
put(置く感じ)+  on(表面の上に)
置いたり、つけたり、着たりなどの表現は、全部put on!
英語はイメージが大事ですね☆

生徒たち☺🙂😃😯 :  ’Do you like it?’

Gerardと友達😄😋:  ’Yes, it’s good!’

わーい!美味しそうに食べてくれました!

そのあとは、英語で自分のおにぎりをSqueeze, squeeze!

7号炊きした炊飯器はすっからかん!

それでも足りなくて具だけ食べる始末w

おそるべき成長期\(゜ロ゜)/

 

英語でおもてなしをしている生徒を見て私は

すごくすごく感動しました✨世界に羽ばたける! みんな、かっこ良かったね!

 

それでは、最後に先生から習ったおにぎりの具(filling)を英語で紹介します♪

・bonito flakes/ fish flakes →おかか
・pickled plum →梅(漬けられた梅という意味)
・pickled radish →たくあん
・pickled horse radish →わさび漬け
・cod fish eggs →めんたいこ
・salmon →鮭
・kelp →こんぶ

梅(pickled plum)を初めて食べたGerardの友人。口に入れた瞬間出た言葉が…

💀Oh……My……God……..!

 

🤣良い思い出(?!)になりましたね☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*