麻生演説より魅力があるオバマ演説。。。。

Hi. LISAです。

今日はわたくし、高校生のレッスンに混ざって、オバマ大統領演説を学習いたしました。。

宇宙語を話されているかのように、最初はちんぷんかんぷんでした。

その時、和子先生が

「じゃあ、オバマになりきって彼のスピーチを真似してみよう!」

 

タンタ タン タン タン タァーーン♪(国家)

生徒に混じり、プレジデントオバマになりきりました。

彼の声のトーンや、テンポも、全く同じようにまねしました。

 

「アメリカをCHANGE!Yes, we can!」

。。。そんな気持ちで、女優のごとくなりきっていたら

おや。。。?なんと、彼の言っている意味、いや、伝えたいことが身体にしみてきました。

さっきまで、「意味がわからなーい。。。」ばかりでしたが。。。。。今は分かる!!

 

はなりきることで、言葉に命が吹き込まれたんでしょうね。

死んだ人間は、身体はありますが、魂はそこにはありません。身体と魂が一体であることで、初めて人間は生きていけるのです。

それと同じように、ただの英語の塊にしか見えなかった彼の演説に、言葉の魂、心が吹き込まれ、私に染み込まれたような気がしました。

 

 

その時の私の英語は、生きていました。

 

 

 

当たり前の事ですが、英語は言葉であり、私達が日本語をしゃべり、自分と相手の悲しさ、怒り、うれしさを伝え合い、共有するものなんです。それを基盤においていると、必ず英語は上達します。

 

英会話の秘訣、「役者になりきり、命のある英語を。。。。!!」ですかね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*