読めるようになりたければ、アルファベットは小文字から!

授業中、小学生の生徒さんをみていて時々感じるのが「大文字は覚えているのに、小文字が思い出せない」ということです。

多くの子供の英語教材や目にする英語のロゴは、大文字で強調しているものばかりです。学校もなぜか大文字から教えます。

しかしながら、英文の96%以上は小文字から成り立っています。4%の大文字も大事ですが、96%の小文字のほうがはるかに大事で役に立つのです。

イングリッシュクエストでは、小文字から教えますが、普段目にするものは大文字が多いためか、多くの子どもは大文字をついつい書いてしまうのです。

保護者の方、もしアルファベットをご家庭で一緒に触れる機会がありましたら、ぜひ小文字でトライしてみてください☆

私も、しつこく小文字押しを続けます(^^)/

 

そこで、私の経験上ですが、勝手にランキングをつくってみました☆

 

●子どもがつい大文字を書いてしまうアルファベットランキング● 

☆3位 a   (大文字A)
多くの子供がおそらく人生初で目にするアルファベットが’A’!
インパクトが強いため小文字‘a‘の印象が薄めです。 

☆2位   (大文字E)
‘E’nglishが大文字の’E’だからなのか、こちらも小文字の印象が弱めです(^_^;)

 

1  l (大文字L)
堂々の第一位。たった縦棒1本。書くのが超絶簡単lですが、
ついつい’L’と書いてしまうのですぅ(>_<) 

 

これを直すには、やはり小文字を書いたり見たりする機会を増やす!
これにつきます。

小文字は、大文字よりもひらがなよりもシンプルで簡単なはずです。
単純に触れる機会が少ないのです。
お家で小文字のアルファベット表をトイレに貼るなど、
目につく回数を増やしましょう!

今回は文字についての記事を書きましたが、

やはり英語は「音」が一番大事!!

音なし学習だと、勝手に頭の中で間違った音を作って
覚えてしまうこともあります。

この記事を読んでいるみなさん、身に覚えはありませんか?

学校の教科書を音なしで学習して、
勉強したはずの単語が聞き取れない、
発音できないなどの経験はありませんか??? ギクッ^_^;

はい、私が昔そうでした(-_-;)

音が分かるから、聞ける、話せる、コミュニケーションがとれるのです。

アルファベットを学習するときは、CDやタッチペンなどで、
「本物の音」と必ず一緒に取り組みましょう☆

Chao☆

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*