複数形でカタカナになっている言葉

みなさん、「靴」は英語でなんていいますか?

。。。。そう、「シューズShoes」です!

大正解(^^)Congrats!!

 

しかしながらみなさん、
靴は、片方ではなくて、一足なのでshoessがあるのはご存知でしたか?

そう、shoesのsは、複数形のsなんですよ。。。!

なので、片方だったらa shoeです。

日本語は片方でも「shoesシューズ」と言いますよね。

日本語には、一つだったらaをつける、複数だったら単語のあとにsをつけるような概念がないんですよね。
このように、英語にはあり、日本語にはないルールは、日本人にとっては間違えやすいところになります。

他にも、shoesシューズのように、複数形で日本語になっている言葉が他にもあります。見てみましょう!

 

①マラカス

英語では片方だとa maracaで、

ペアでmaracasと言います。

そう、マラカスの「ス」は複数形のsだったんです!

 

確かに、マラカスってこんなイメージで2つある場合が多いですよね。↓

Premium Vector | India kid holding maracas on white

 

②タコス

英語ではタコスのことを”taco”(タコ)といいます。

I like applesのように、全般的に好き言うときにはsをつけますよね。

I like tacos(タコス好き)

↑きっと、”tacos”タコスの響きを聞いてしまったので、タコではなくて、タコスになってしまったのでしょう。。。

 

子どもたちに、タコスを英語で”It’s a taco.”と紹介したときは、
”octopus?🐙”など言い出して、こんがらがっていましたw😅

 

話はずれますが、ここのタコス美味しいです😋
↓本通りから少し南に歩いたところ
http://graffity.info

日本語にはない単数形と複数形の概念、
英文を書くときには、常に意識しておきましょうね。
I am student. ではなくて、I am a student.ですよ〜(^o^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*