授業で心がけていること①

イングリッシュクエストの講師は、

たくさんの生きた英語を提供したい!

と常々思っています。

もちろん単語力を増やすために絵カードなどでもゲームをしたりしますが

それだけだったら、単語の知識を得るだけ。

 

例えば

pencil

Related image

 

という言葉を絵カードで教えるだけでなく

 

‘Can I have a pencil, please?’

Related image

と、講師と必ずやりとりできるように誘導します。

 

peach

 

Image result for esl flashcard peach

という単語をゲームを交えて教えても

 

レッスン後に、ご褒美のアメをあげるときは

‘I want the peach candy!’

Related image

と子供たちが言えるようにします。(絵はケーキですがw だっていい絵がなかったの)

 

だって、外国人と実際にコミュニケーションを図るときは、

絵カードでゲームはしませんよね?

 

「鉛筆をもらえませんか?」

 

「ピーチ味のアメが欲しい!」

 

のように、やりとりをするんです。

 

習った単語を、できるだけ日常動作に英語でとりいれ

これを積み重ねることによって、

いざ必要な時には、とっさに英語が出てきて

使いこなすことが出来ます。

 

世間で一般的に考えられている ’お勉強’(=インプット)

いかに’実践’(=アウトプット)して、

自分のものにできるようにするか。

 

インプットとアウトプットが両方かなえられる授業。

この視点をもちながら、

私たちは英語を教えていきます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*